ティ・エムクラフトの企業維持資金対策

経営者に万一のことがあると、今後の事業運営に支障をきたす様々な事態が想定されます。
そんな不測の事態に備えるために、企業維持資金対策を行うことも経営者の責務であります。

企業維持資金対策の具体例

金融機関が短期・長期借入金の返済を要請。
常に借入金相当額の資金を確保しておく。
取引先が買掛金・手形決済を迫ってくる。
常に買掛金・手形相当額の資金を確保しておく。
売上・利益が減少する。
後継者が安定的に経営可能な資金を確保しておく。
経営者交代に伴う役員・従業員の今後の待遇面への不安の払拭。
年間給与・報酬相当額を確保しておく。

企業維持資金の計算

自分の会社を維持するためにどの程度の資金が必要であるかを知ることが企業維持資金対策の第一歩です。必要事項を入力するだけで、企業維持の概算金額を知ることが出来ます。

企業維持資金計算表の使用方法
役員の人数年間報酬額役員報酬総額
× 万円 万円
従業員の人数年間給与額従業員給与総額
× 万円 万円
買掛金短期借入金支払手形買掛金等小計
万円 万円 万円 万円
法人税等考慮買掛金等合計
買掛金等小計 × 1.7 万円

※合計金額に1.7倍することで法人税等を考慮しています。

事業維持費用の例
  • 会社再建の人材確保
  • 経営者死亡等による信用回復までの収益減少
  • 経営者に代わる技術者の採用
  • 仕入先の信用回復までの前払い費
  • 金融機関からの融資再開までの設備投資費

事業維持費用
万円

貴社の企業維持資金は、 万円

これらは最低限確保しておきたい資金のため、亡くなられた方のご遺族に弔慰金や死亡退職金を支給する場合には、別途資金の確保が必要となります。

企業維持資金対策のご相談
法人保険 ティ・エムクラフトの企業維持資金対策トップ
無料相談受付中
ほけんのクラフト
会社概要
法人保険 加盟団体
  • MDRT日本会
  • 日本FP協会