ティ・エムクラフトの事業承継対策

経営者に万一のことがあった場合、後継者には高額な相続税の支払が発生します。中小企業の場合、相続の際に納税資金確保のために土地や自社株を売却せざるを得なくなるといったケースも出ています。後継者にスムーズに事業を承継するためには、事業承継対策を講じておくことが必要です。

事業承継対策として想定される事案

事業承継対策として想定される事案その1
経営者が(死亡・勇退)退職したことで事業運営が難しくなった。
  • 金融機関から取引条件の変更を示唆された。
  • 取引先から取引条件の変更を示唆された。
  • 売上が減少した。
  • キャッシュフローが悪化した。
  • 優秀な人材が流出した。
事案1の解決方法
企業維持資金対策を検討する。
事業承継対策として想定される事案その2
財産の大部分が自社株のため評価額が高くなり、後継者の納税資金が不足したためにスムーズな事業承継ができず手間取ってしまった。
事案2の解決方法
  • 死亡退職金・弔慰金等の支給準備策を講じておく。
  • 会社が後継者の自社株を買い取り納税資金を確保する。(金庫株制度)
  • 子が後継者の場合、子を受取人とした生命保険に加入する。
  • 退職金を支給して自社株の評価額を調整する。
事業承継対策として想定される事案その3
設立時に発起人として名義を借りた名義株主の株式や、兄弟姉妹等に分散している株式を整理することで後継者に経営権を集中させ円滑な事業承継を行った。
事案3の解決方法
金庫株制度を利用し分散している自社株を買い取るための資金を準備する。
事業承継対策のご相談
法人保険 ティ・エムクラフトの事業承継対策トップ
無料相談受付中
ほけんのクラフト
会社概要
法人保険 加盟団体
  • MDRT日本会
  • 日本FP協会